第2次相続とは

遺産相続の際には相続税を支払わなければいけません。相続税には様々な控除がありますが、その中に相次相続控除という制度があります。
相次相続控除とは仮に父親が亡くなって遺産相続をして母親に相続税が課された後10年以内に母親が亡くなり相続税が課される場合に相続税が控除できる制度です。両親が亡くなった場合でなくても、祖父が亡くなり父親がその遺産を相続して相続税を支払ったが、10年以内に父親が亡くなり相続税を支払う場合にも適用されます。
すなわち最初に相続した財産に対して相続税を支払っているにもかかわらず、同じ財産に対して再び相続税が課せられることへの負担を和らげる目的がこの制度にはあります。
この2度目の相続を第2次相続というのですが、控除額は最初の相続から2回目の相続の年数に対して1年につき10%を減額することで求められます。
しかしこの相次相続控除は、最初の相続に対して今回の被相続人が支払った相続税がある場合に適用されますので、もし最初の相続の際に控除などを受けて今回の被相続人が相続税を課されていなかった場合は、今回の相続人は相次相続控除を受けることが出来ません。例え前回も今回も自らは相続した遺産に対して相続税を支払うことになっても、この場合は相次相続控除の対象外となります。

コメントは受け付けていません。