控除の順番とは

相続税には7種類の税額控除があり、各相続人の相続税を計算した後、これらの控除額を差し引いて相続税を決定します。各税額控除は、次の順番で控除します。
1番目は、贈与税額控除です。相続開始前の3年以内に贈与された財産は相続財産になります。相続税を課税した後、既に支払った贈与税を控除できます。
2番目は、配偶者の税額軽減です。配偶者は、相続した財産のうち、法定相続分か1億6千万円分までは税額控除されます。
3番目は、未成年者控除です。未成年者の場合は、成人になるまでの期間に応じて、一定額が控除されます。
4番目は、障害者控除です。障害者は、85歳になるまでの期間に応じて、一定額が控除されます。
5番目は、相次相続控除です。10年間に2回以上の相続があった場合に控除されます。
6番目は、外国税額控除です。外国の財産を相続して、外国の相続税が課税された場合に控除されます。
7番目は、相続時精算課税制度贈与税額の控除です。相続時精算課税制度を適用していた場合には、相続税額から贈与税額を控除します。
3番目の未成年者控除と4番目の障害者控除は、引ききれないときには、その未成年者・障害者を扶養する相続人から控除することができます。

コメントは受け付けていません。