算出方法

例えば、家族の中で父親が亡くなり財産を相続することになると、相続税を支払わなければいけませんが、その財産の相続後すぐに今度は母親が亡くなってしまったような場合、また財産の相続が起こり、連続で相続税を払わなければいけなくなるため、相続者にとっては大きな負担となってしまいます。
このように相次いで起きてしまった相続のことを相次相続といい、この場合、一定の金額を相続税額から引いて相続者の負担を軽くする相次相続控除という制度が用意されています。
ただし、相次相続控除制度が適用されるのは、一度目の相続から10年以内に二度目の相続が起き、かつ相続者が法定相続人である場合に限られています。
では、どのくらいの額が控除されるのかというとその算出方法は決まっており、一度目の相続の時に支払った相続税から、今回の相続までの経過年数に10%をかけた金額となります。
基本的に相次相続控除制度は、相続を受ける人の納税の負担を少なくするという考えのもとで用意された制度ですので、一度目の相続と二度目の相続が近い場合ほど、差し引きできる相続税額が多くなり、一度目から二度目の相続までの期間が長くなればなるほど差し引きされる額は少なくなるようになっているのです。

コメントは受け付けていません。