相次相続控除とは

長年、連れ添った高齢の夫婦であれば、一方が亡くなった後、それほど時間が経過する前に、もう一方も亡くなるといった例は珍しいことではないかもしれません。
例えば、年老いた父親の死後、数年のうちに、今度は、年老いた母親が亡くなるといった場合を想定しましょう。この場合、問題となるのは、相続人の1人である子供は、父親が亡くなったときの相続によって、一度、相続税を支払っている点です。つまり、それほど時間が経過していないにも関わらず、今後は、母親が亡くなったことによって発生する相続によって、相続税を支払うことになってしまいます。
さて、上の例のように、それほど時間が経過しないうちに、たて続けに相続が発生することを相次相続と言います。ちなみに、具体的な年数は、10年以内となっています。そして、このような場合、支払う相続税の金額も大きくなってしまうので、相続人にとっては大きな負担となります。そこで、こうした負担軽減のため、一定額を相続税額から控除することができる制度を相次相続控除と言います。上の例では、最初の父親の死によって発生した相続を第一次相続といい、二回目の母親の死によって発生した相続を第二次相続といいます。そして、第二次相続の時には、第一次相続の一部分を差し引くことができるワケです。

コメントは受け付けていません。