贈与税額控除とは

相続や遺贈で財産を取得した人が、相続開始前の3年以内に被相続人から財産の贈与を受けていた場合には、贈与された財産は相続税の対象となります。贈与を受けた際に贈与税を支払っている場合には、さらに相続税を納めると二重に課税されることになります。二重課税を防ぐために、その贈与税額を贈与を受けた人の相続税額から控除することができます。これが、暦年課税分の贈与税額控除です。もちろん、贈与額が基礎控除額の110万円以下などで、贈与税を支払っていない場合には、二重課税になりませんので、この控除を受けることができません。注意する点は、贈与を受けた財産の金額は、相続時ではなくて、贈与を受けたときの評価額となることです。
贈与税額の控除額は、「贈与を受けた年分の贈与税額(相続時精算課税における増税額は除く)×その年分の贈与税価格に算入された財産の価額合計額/その年分の贈与財産のうち相続税の課税価格に加算された贈与財産の価額」となります。例えば、ある年に、母から200万円、父から300万円もらって贈与税を53万支払ったとして、翌年に父が亡くなった場合の控除額は、「53万円×300万円/500万円=31.8万円」となります。

コメントは受け付けていません。